9/13<夜の甘味処KiKi 長月>~つくりたてをあじわう生きた和菓子~



<夜の甘味処KiKi> ~つくりたてをあじわう生きた和菓子~


職人の手さばきを目の前で見ながらいただく和菓子は、 できたてならではの美味しさ、香りをまとった普段は食べられない一品です。

北千住の築90年の小さな家で、金曜の夜に癒されに来ませんか?


毎回ご好評いただいているこのイベント。今回は中秋の名月の日に行います。

この甘味処を開催してみて、あらためて和菓子と日本の四季との密接な関係を感じています。こうやって、ひとつひとつの季節を味わいながら過ごすことのできる、とても豊かな時間だなと改めて実感しております◎


※イベントの様子はこちら

https://youtu.be/NYI2V75bT1w

日時:9/13(金)20:00-23:00(自由入退場) 料金:和菓子とお茶のコース 3,000円程度 )

ラストオーダー:22:00

場所:KiKi千住東の家 (参加予定の方へ住所を送らせていただきます。)


※参加人数把握のために、Facebokページ参加予定ボタンを押していただけますと

助かります!

https://www.facebook.com/events/719971588466035/

-----------------------------------


モナカの皮を焼き網であぶってくれて、その場で餡をつめ、ひとくち。

サクサクっ!

いい音と共に香る、モナカの香ばしさとほんのり伝わる温かさ。今まで体験したことのない

感覚。。


「これを食べられるのは職人だけなんだよねー」と笑う彼は、 板橋区要町にある和菓子屋<梅香亭>の長沼輪多さん。


勿体ぶってゆっくり食べていると、 餡の水分をモナカがどんどん吸って、あっという間に違う食感に。


“和菓子にも鮮度ってあるんだ“


他にも、団子を焼いてくれてみたらしをとろり。 その場で木型で打った、乾燥させるまえのほろほろ落雁。


目の前の人のために、その場でさっと作ってさっと出す様子は、まるでお鮨屋さんのよう。


普段の和菓子屋さんや甘味処では決してできない贅沢な体験です。

リラックスした金曜日の夜をお過ごしください。

0回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 by KiKi senjuazumanoie.