7/5<夜の甘味処KiKi 文月>~つくりたてをあじわう生きた和菓子~


<夜の甘味処KiKi> ~つくりたてをあじわう生きた和菓子~

職人の手さばきを目の前で見ながらいただく和菓子は、 できたてならではの美味しさ、香りをまとった普段は食べられない一品です。 北千住の築90年の小さな家で、金曜の夜に癒されに来ませんか?

第一回目の前回は大変ご好評いただきありがとうございました。 今回は文月(7月)ということで、前回とは違った季節の和菓子も登場予定です。

日時:7/5(金)20:00-23:00(自由入退場) 料金:チャージ料+オーダーした和菓子・お茶のコースに応じて

場所:KiKi千住東の家

〒120-0025  東京都足立区千住東1-16-2 北千住駅より徒歩約7分 ※住居となりますので、イベント期間中以外のご来訪は必ずご連絡ください。

-----------------------------------

モナカの皮を焼き網であぶってくれて、その場で餡をつめ、ひとくち。

サクサクっ!

いい音と共に香る、モナカの香ばしさとほんのり伝わる温かさ。今まで体験したことのない感覚。。

「これを食べられるのは職人だけなんだよねー」と笑う彼は、 板橋区要町にある和菓子屋<梅香亭>の長沼輪多さん。

勿体ぶってゆっくり食べていると、 餡の水分をモナカがどんどん吸って、あっという間に違う食感に。

“和菓子にも鮮度ってあるんだ“

他にも、団子を焼いてくれてみたらしをとろり。 その場で木型で打った、乾燥させるまえのほろほろ落雁。

目の前の人のために、その場でさっと作ってさっと出す様子は、まるでお鮨屋さんのよう。

普段の和菓子屋さんや甘味処では決してできない贅沢な体験です。 リラックスした金曜日の夜をお過ごしください。

71回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 by KiKi senjuazumanoie.