暮らしの文化をつくる家
<KiKiとは>
暮らし方をデザインする夫婦ユニット。
高木と木皿。2つのKiからできています。
衣食住。ハレとケ。
暮らしの中の様々なことにまつわる違和感や欲求を
ひとつひとつ考え直し、自分たちの手で新しく作り直していくことを大事にしています。
これまでも、
北千住にある築90年の床のない家をDIYで直して
展示・イベントスペースとして運営したり。(KiKi千住東の家)
結婚式は業者に頼まず、司会・料理・内装など仲間だけで
参加者同士の距離が近い自由な結婚式を開催したり。
日常のシーンに合うお茶がないので、飲みたいお茶を茶師さんに頼んで
一緒に開発して販売を行ったり。(時をつくるお茶)
世間の慣習にそのまま乗るのではなく、自分たちなりに半歩進めてみる。
仕事の時間と余暇の時間を分けるのではなく、
・みんなでつくる
・おすそ分けする
・お手伝いさせてもらう
 
ことを通して、仕事も自分の時間も一緒くたになるような暮らし方をデザインしてきました。
一緒に、より自分らしい豊かな暮らし方をはじめませんか?
 
KiKi 高木・木皿
<千住東の家とは>
東京都北千住にある築90年の木造の平屋を約7ヶ月かけてセルフリノベーション。
「暮らしの文化をつくる家」をコンセプトにしたスペースです。
古くからの宿場町として多様な人が集まる北千住の古家にて、
現代に生きる私たちに合った新しい暮らしを実践していきます。

日本茶喫茶「暮らしの茶寮」を開くほか、
展示会、POPUPショップ、暮らしにまつわるイベント等を開催。
レンタルスペースとしてもご利用いただけます。 ​
<KiKiができること>
・千住東の家を使った企画
・千住東の家の貸し出し
・DIYワークショップの開催
​・築古、空き家物件の利活用
・デザイン業務(ロゴ、パッケージ、写真、Webサイトなど)
・商品開発(企画、デザイン、コーディネートなど)
・日本茶にまつわる空間、時間のご提案
お仕事のご依頼もお気軽にご連絡ください。

​たかぎ まさたろう

高木 正太郎

長野県出身。実家は創業150年の老舗旅館を営む。
環境デザインを専攻していた大学院時代イタリアに
1年間留学し、暮らしの本質的な豊かさに刺激を受ける。
不動産会社にてホテル等の開発事業に携わったのち、独立。現在は日本茶専門店でも勤務を行う。
KiKiの場づくり・お茶くみ担当。

きさら ちさと

木皿 千智

東京都出身。美術大学でデザインを学んだ後、 デザイン日用生活品の商品開発を行う会社で、企画からものづくりの製造現場に携わる。独立後、デザイン業務(ロゴ・パッケージ・写真撮影)や記事執筆業のほか、 DIYワークショップの企画や運営などを行う。
KiKiのデザイン・ものづくり担当。
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 by KiKi senjuazumanoie.